K. 株式

株式とは

株式とは、企業の一部の所有権を表す金融商品です。

株式の所有者(株主)は、彼らが所有する株式の量に等しい割合の、

会社の資産と利益がもらえます。

株主の権利
  • 保有する株式と同等の割合の会社資産
  • 保有する株式と同等の割合の会社利益

上場株式は主に証券取引所で売買されており、個人売買も可能です。

多くの個人投資家のポートフォリオの基盤となっています。

上場株式は、不正行為から投資家を保護するため、政府の規制に守られています。

歴史的に見ても、長期的には他のほとんどの投資よりも優れた成績を残しています。


株式は主に証券取引所で売買されていますが、個人売買も可能であり、ほぼすべてのポートフォリオの基盤となっています。
歴史的に見ても、株式は長期的に他の投資のほとんどをアウトパフォームしてきました。

株式のポイント
  1. 株式とは保有者が発行する企業に対して比例所有権を持つことを示す有価証券の一形態である
  2. 企業は事業を運営するための資金調達するために株式を発行している
  3. 株式は主に証券取引所で売買されており長期的に他の投資のほとんどをアウトパフォームしている

株式を理解する

企業は、事業を運営するための資金を調達するために株式を発行(売却)します。

株式の保有者(株主)は、企業の一部を購入している事となり、

保持されている株式の種類に応じて、その資産と収益の一部への請求権を持っています。

言い換えれば、株主は現在、発行会社の所有者です。


所有権の権利は、発行済み株式に対する所有している株式の数の割合によって決定されます。

会社が発行済株式の1,000株を持っており、1人が100株を所有している場合、

会社の資産と収益の10%への請求権を持つことになります。


株式保有者は、企業を所有しておらず、彼らは企業によって発行された株式を所有しています。

法律は法人としてそれらを扱います。


言い換えれば、企業は、税金を納税し、資金を借りることができ、財産を所有することができ、

他人を訴えることができます。

企業は法人ということは、企業が独自の資産を所有していることを意味します。

椅子とテーブルの完全な企業のオフィスは、会社に属しており、ではなく、株主に属しています。